パロマ事故で調査結果ー消費者事故調

2014.1.24

 

パロマ工業(現パロマ、名古屋市)製ガス湯沸かし器の一酸化炭素中毒で、消費者安全調査委員会(消費者事故調)は24日、事故対応に当たった経済産業省について「原因究明の必要性の認識が不十分だった」と指摘する調査結果をまとめた。重大事故情報を周知徹底するよう、業界団体を指導すべきだとする意見を付けた。

 

パロマについては「事故の当事者意識が希薄だった」と批判した。

事故調が調査の最終結果を出したのは、2012年10月の発足後初めて。

            (中略)

事故原因について事故調は、湯沸かしの構造上、改造が極めて容易で、電気機器回路の

知識があれば、改造を思いつく可能性があったとした。

  

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6104849

 

 

消費者事故調

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html

 

被害者のためのページ 

ブログ NPO法人の活動のお知らせと情報提供の場です。

スタッフブログ

会員用掲示板は被害者同士の交流の場であり、情報交換の場です。

会員用掲示板

公開掲示板です。お気軽にお使いください。

このサイトは

リンクフリーです

 

メッセージフォーム

メモ: * は入力必須項目です

【メッセージフォームについて】

 

Blog contents

公害審査会調停成立 ()
>> 続きを読む

被害者の声(アンケートより) 23 ()
>> 続きを読む

被害者の声22(アンケートより) ()
>> 続きを読む

お知らせ 低周波音の測定について ()
>> 続きを読む