パロマ遺族が消費者事故調を批判

http://megalodon.jp/2013-1007-2139-31/www.chunichi.co.jp/s/article/2013100701002641.html

 

(2013.10.07)

 

>2005年にパロマ製ガス湯沸かし器事故で死亡した上嶋浩幸さん当事(18)の母幸子さんが

 7日、消費者安全調査委員会(消費者事故調)に対し「調査申し出から1年になるが、

 いまだに現場も視察していない。何をどこまで調査したのか伝わってこない」と批判する

 意見書を出した。

 

>幸子さんは昨年10月「なぜ事故情報がもっと早く消費者に伝わらなかったのかを調べてほ   

 しい」と事故調に申し出た。  

 

★ブログ 

  新着記事

留まるは苦痛。逃げるは苦労。―高齢者の低周波音被害―
>> 続きを読む

被害者の声 25 (アンケートより)
>> 続きを読む

矢面に立つのはあなた? それともメーカー? 被害者と一緒に交渉していただけないでしょうか。
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です