元裁判員「心身に傷」と陳述 ストレス障害訴訟

http://megalodon.jp/2013-0924-1952-22/www.chunichi.co.jp/s/article/2013092401001928.html

 

(2013.09.24)

 

強盗殺人事件の裁判員裁判で裁判員を務め、急性ストレス障害になった福島県郡山市の女性(63)が国に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が24日、福島地裁で開かれた。

 

国側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 

国側は答弁書で「広く国民の司法参加を求めるための合理的な要請で、辞退できる制度

も設けている」と反論した。

 

 

 

 

 

★ブログ 

  新着記事

留まるは苦痛。逃げるは苦労。―高齢者の低周波音被害―
>> 続きを読む

被害者の声 25 (アンケートより)
>> 続きを読む

矢面に立つのはあなた? それともメーカー? 被害者と一緒に交渉していただけないでしょうか。
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です