震災相談窓口に「行き場のない声」

http://megalodon.jp/2013-0921-1230-26/www3.nhk.or.jp/news/html/20130921/k10014711871000.html

 

(2013.09.21)

 

>以下引用

東日本大震災の被災者生活再建を支援しようと、去年設けられた相談窓口に1年で1000万件を超える電話が寄せられた。そのほとんどは東京などの都市部からのもので震災を背景としない相談が96%を占めていた。

相談窓口が不足しているために「行き場のない声」が殺到したとみられる。

96%のうち53%は「病気」についての悩み、23%が「障害」「生活苦」などの経済的な悩みは18%であった。

被災者ではない人からの電話が殺到したことについてセンターでは、通話料も無料の相談窓口が不足しているためではないかと分析している。

★ブログ 

  新着記事

風力発電・低周波音被害についての勉強会
>> 続きを読む

低周波音被害の解決までの交渉の経過について
>> 続きを読む

KRさん、その後
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です