パナソニックと独フィスマン、家庭用燃料電池システムを来春から欧州で販売

http://megalodon.jp/2013-0916-0516-17/news.mynavi.jp/news/2013/09/11/051/

 

以下引用

 

「パナソニックは、欧州の大手ボイラーメーカー フィスマングループ(以下、フィスマン)と、欧州市場向けの家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(以下、燃料電池システム)を共同開発し、フィスマンの販路を活用して2014年4月よりドイツでの販売を開始すると発表した。」

 

日本では近隣を配慮した設置マニュアルもなく屋外に設置されているエネファームですが、欧州仕様のエネファームは「ドイツで一般的な地下室、ユーティリティールーム等の屋内での設置に適し」ているそうです。

 

全ての記事・内容は上記リンクよりご確認ください。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

★ブログ 

  新着記事

騒音制御工学会講演会
>> 続きを読む

長時間連続稼働の給湯器がもたらす悲劇
>> 続きを読む

東芝エネファームの販売終了 採算悪化で撤退
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です