カネボウ:化粧品被害 「早い公表必要」消費者庁長官批判

毎日新聞 2013年07月24日 17時47分

http://megalodon.jp/2013-0731-0938-34/mainichi.jp/select/news/20130725k0000m040008000c.html

 

以下、引用です(太字は管理人による)。

 

 カネボウ化粧品と子会社の美白化粧品の被害をめぐり、消費者庁の阿南久長官は24日、「もっと早く公表すべきだった」と対応を批判した。

 カネボウには5月13日、美白化粧品で肌がまだらに白くなる症状が3人に出ているとの情報が寄せられていた。阿南長官は「5月の時点で使用中止を呼び掛けていれば、被害を少しでも減らせたはずだ」と指摘した。

 カネボウによると、これまでに利用者6808人が被害を申し出て、うち2250人が「3カ所以上の白斑がある」などと重い症状を訴えている。

 カネボウは「きちんと調査してから公表しないと、混乱を招く恐れがあると考えた」と説明している。(共同)

★ブログ 

  新着記事

騒音制御工学会講演会
>> 続きを読む

長時間連続稼働の給湯器がもたらす悲劇
>> 続きを読む

東芝エネファームの販売終了 採算悪化で撤退
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です