「不思議音」と「怠慢エコ機器」がもたらす新たな騒音トラブル――(前編)鉄筋コンクリート造は「不思議音」の宝庫

http://megalodon.jp/2013-0718-1108-03/www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20130306/342749/?ST=safety

建築&住宅ジャーナリスト 細野透
2013年 3月6日

 

以下、引用です(太字は管理人)。

 

「怠慢エコ機器」とは、騒音対策を怠ってきた、エコキュート(ヒートポンプ式電気給湯器)およびエネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)を指す。

 

戸建住宅の場合には、「自宅のすぐ傍に、隣家のエアコン室外機が置かれていて、その音が標準値より大きい」ためにトラブルになる。また、「隣家のエアコン室外機の音が標準的であっても、自宅の寝室のすぐ傍においてある」場合にも、トラブルになる。

 いずれにしても、隣家への配慮を欠いたことが、トラブルの原因である。

 一方、マンションの場合には、「エアコン室外機の置き場所はバルコニーなどに限定され、自宅や隣戸でほぼ差がない」ために、トラブルになりにくいのである

 

 最近、問題になっている、エコキュートやエネファームなど「エコ機器」を巡る騒音トラブルは、エアコンで起きていることを学ばなかったために発生した。要するに、誤ちを繰り返したのである。

 

 

 

 

★ブログ 

  新着記事

留まるは苦痛。逃げるは苦労。―高齢者の低周波音被害―
>> 続きを読む

被害者の声 25 (アンケートより)
>> 続きを読む

矢面に立つのはあなた? それともメーカー? 被害者と一緒に交渉していただけないでしょうか。
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です