「不思議音」と「怠慢エコ機器」がもたらす新たな騒音トラブル――(中編)エコキュート問題、エネファーム問題

http://megalodon.jp/2013-0718-1115-21/www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20130311/343363/?ST=safety

 

数年前からエコキュート(ヒートポンプ式電気給湯器)の騒音が問題になっているのに続いて、現在はエネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)の騒音が問題になっている。その特徴は、エコキュートが犯した誤ちを、エネファームがそのまま繰り返していること。これは、もう、「怠慢な行為」と指摘せざるを得ない。

 

日本冷凍空調工業会の「家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)の据付けガイドブック」は、「据付け場所として、お客様および隣接するご近所様の寝室の傍は避ける」と明示してある。

 しかし、これを守らない隣人、施工者(ガス会社、住宅メーカーなど)が少なくないため、騒音トラブルが発生することになる。

 

 「エコキュートは、多くの問題が各地で発生したため、販売10年目にして、日本冷凍空調工業会は据付ガイドブックを発行し、設置場所選定の留意点を細かく記載した。しかし、エネファームにはこの教訓が生かされず、その取扱説明書には、設置場所に関して隣家への配慮は記載されていない」

 

以上、引用です。全文は上記リンクをご覧ください。

★ブログ 

  新着記事

風力発電・低周波音被害についての勉強会
>> 続きを読む

低周波音被害の解決までの交渉の経過について
>> 続きを読む

KRさん、その後
>> 続きを読む

メモ: * は入力必須項目です